ザ・ホッカイドウ・プレミアム(とかち美白研究所)お問い合わせ

「 宮澤 仁朗の 
エイジケア季節報 」

女性もすなるエイジケアというものを男性もしてみんとてするなり
診療に全国各地の講演活動に 精力的に取り組まれている
宮澤 仁朗のエイジケア季節報

2016年8月1日

20160726

7月中旬は鹿児島、長崎と認知症の講演が続き、
合間に長崎でゴルフをしてきました。

鹿児島や長崎の最高気温が32度、最低気温は26度。

ちなみに同時期、北海道の最高気温は25度。

『九州の最低気温より北海道の最高気温のほうが低い』
ことに驚きました。

九州は湿気が多くムシムシした状態でしたが、
顔の肌は化粧水、美容液でしっかりガード。

気づいたのは『額部のてかりがなかったこと』です。

これまでゴルフをしていると
『額がてかってキャップも汗まみれになる』
ことがあり不快感を感じることもありました。

このコスメで肌本来の機能が強化されている
のではないかと思いました。

九州でも肌の状態が良いまま過ごすことができ
快適に中身の濃い講演会活動を終えることができました。

これからも一日2回毎日塗っていこうと思います。

宮澤仁朗 (みやざわ じろう)

TVの医療コメンテーター、
認知症や漢方の専門家として知られる。
多くの要職に就くと共に、
全国各地の講演活動など幅広い分野で活躍。
論文および書籍を多数執筆。
昭和36年生まれ。

コラム一覧